女の子の確率を上げる方法

赤ちゃん

酸性度を上げる取り組み

どうしても女の子の赤ちゃんが欲しいと思っている夫婦の間ではハローベビーガールの人気が高くなっています。それは正しくハローベビーガールを使っていれば女の子がうまれる確率は80%近くあり、男の子が産まれてしまう失敗確率は本来50%であるのに対し、20%程度とかなりの成功率があります。失敗せずにハローベビーガールを使用するには、いくつかのコツがあります。産まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子かを決めるのは、精子のうちX精子が着床すると女の子が、Y精子が着床すると男の子が産まれることになります。この確率はほぼ50%となりますが、実は女の子が産まれてくる確率を上げることが可能なのです。Y精子は酸性が強くなると動きが鈍るのに対して、X精子は逆にアルカリ性に弱い性質があります。女性の膣内は普段は弱酸性で排卵日のときだけアルカリ性になる性質があります。そのため、膣内を排卵日を含めて常に酸性にしておけば、女の子が産まれやすくなります。ハローベビーガールのゼリーを膣内に入れておくと酸性になるので、女の子が産まれる確率が上がります。さらに男の子が産まれてしまう失敗確率を下げるためには、膣内がアルカリ性になる排卵日を避けてセックスをした方が女の子が産まれる確率が高まります。排卵日1日から2日前にセックスをすれば、もともと膣内が弱酸性の上にハローベビーガールでさらに酸性度を高めるため、Y精子の活動が非常に弱まり、X精子が着床しやすくなります。これによって男の子が産まれる失敗確率は20%よりもずっと下げることができるのです。

Copyright© 2018 サプリメントを活用して葉酸を摂取【積極的に葉酸を摂取】 All Rights Reserved.